長澤まさみ Eカップ胸谷間! セクシーランジェリーでミュージカル「キャバレー」水着姿よりエロ度倍増!!

nagasawamasami001.jpg 女優の長澤まさみが来年1月から上演される「キャバレー」で
 ミュージカルに初挑戦する。
 Eカップの谷間がセクシーなランジェリー姿は水着よりも妖艶で
 エロさも最高。ブロードウェーも驚きそうなヒロインを演じる。




長澤まさみ Eカップ胸谷間! 水着姿よりエロいセクシーランジェリー!!


長澤まさみが、2016年1~2月に上演されるブロードウェーの名作「キャバレー」で、主人公の歌姫サリー役で主演する。彼女のミュージカルは初挑戦だ。

ベルリンのキャバレーで毎夜ショーを繰り広げる歌姫という役柄を演じる長澤まさみ。ランジェリー姿でEカップの胸の谷間や美脚を大胆にさらしたエロス全開なビジュアルがついに解禁された。



長澤まさみのセクシーなランジェリー姿に、水着よりも妖艶でエロいともっぱら。ミュージカルの上演が待たれる。

長澤まさみ ミュージカル「キャバレー」セクシーダンスと歌声!!


セクシーな衣装をまとったEカップバディーの長澤まさみがエロチックなダンスを披露しながら、「ドント・テル・ママ」、「メイビー・ディス・タイム」などの名曲で歌声を響かせる。

舞台で歌うのは初めてだけに、すでにボイストレーニングも開始。「また1つ、女優として新たな一歩を踏み出してみたく、挑戦することにした」と明かした。

  

周囲には「今作を人生最初で最後のミュージカルにしたい」と話すなど強い意気込みで挑む長澤まさみ。10年ぶりに同作を演出する松尾スズキ氏の舞台に出演るのが夢だったと打ち明けた。


ミュージカル「キャバレー」


「キャバレー」は1966年にブロードウェイで初演されたミュージカル。アメリカのクリストファー・イシャーウッドの短編集「ベルリン物語」を、イギリスの劇作家ジョン・ヴァン・ドゥルーテンが「私はカメラだ」という戯曲にしたものをベースにミュージカル化された。

ナチスの支配が強まるベルリンで、場末のキャバレー「キットキャットクラブ」を舞台に、歌姫サリーと作家志望のアメリカ人クリフとの恋と破局を描く。同年のトニー賞では最優秀ミュージカル賞、ミュージカル部門最優秀助演男優賞など九部門を受賞、2年10ヵ月のロングラン公演となった。

1993年にはロンドンのウエスト・エンドで若手演出家サム・メンデスによってリバイバル上演され、キットキャットクラブのホスト、エムシーを前面に押し出した大胆な演出が評判となった。

1998年3月にはブロードウェイで、かつて1970年代の終わりに存在した伝説的クラブ「Studio 54」をキャバレー風に改装。「キットキャットクラブ」とした斬新なスタイルの劇場でリバイバル公演がスタート。

トニー賞で最優秀リバイバルミュージカル賞、ミュージカル部門最優秀主演男優賞など4部門を受賞、5年10ヵ月のロングラン公演となった。



記事参考: yahoo news



アイドル 女優 AKB48 タレント 女子アナ モデル 女子アスリート

藍井エイル(有沢ゆい) 飛鳥凛 足立梨花 天木じゅん 有村架純 石原さとみ 泉里香 磯山さやか 伊東紗冶子 稲村亜美 井上和香 イ・ボミ 宇垣美里 宇垣美里 宇垣美里 内田理央 内田理央 大石絵理 大川藍 大川藍 大島優子 大渕愛子 岡副麻希 岡副麻希 岡副麻希 岡副麻希 河合奈保子 片山萌美 菊地亜美 北川景子 木村沙織 熊田曜子 小嶋陽菜 小柳歩 今野杏南 斉藤由貴 酒井法子 佐々木心音 佐々木希 佐々木希 佐々木希 指原莉乃 指原莉乃 塩地美澄 杉原杏璃 杉原杏璃 鈴木ちなみ 鈴木ふみ奈 鈴木ふみ奈 鷲見玲奈 SHELLY(シェリー) 篠田麻里子 知英(ジヨン)  杉本有美 染谷有香 平愛梨 田岡なつみ 高木真備 武田久美子 田中美奈子 田中みな実 田中優香 田中れいな 壇蜜 千葉えりか 都丸紗也華 都丸紗也華 冨手麻妙 中村アン 永尾まりや 長澤まさみ 菜々緒 成海璃子 二階堂ふみ 西内まりや 西野七瀬 葉加瀬マイ 葉加瀬マイ 鉢嶺杏奈 橋本マナミ 橋本梨菜 長谷川京子 浜崎あゆみ 原幹恵 馬場ふみか 馬場ふみか 平嶋夏海 平嶋夏海 平嶋夏海 久松郁実 久松郁実 平塚千瑛 広瀬未花 広瀬未花 深田恭子 深田恭子 深田恭子 深田恭子 深田恭子 深田恭子 福原愛 マギー マギー マギー 松田聖子 護あさな 美馬怜子 森川彩香 森下悠里 安めぐみ 安枝瞳 柳いろは 矢吹春奈 山田菜々 山本彩 山本美月 吉木りさ 渡辺麻友